【谷中日記】江戸時代からの建物を持つすぺーす小倉屋さんが営業終了。

旅するミシン店も面してる初音の道 (朝倉彫塑館通り)で、最も古い建物であるすぺーす小倉屋さんが昨年末でクローズされました。

小倉屋さんの2階建店舗建物は江戸時代末期(1830年)から存続する建物で、国の登録有形文化財でもあります。3階建の蔵は大正時代のもので、こちらも登録有形文化財です。

オーナーさんの熱意で27年間ギャラリーとして存続していました。当初から昨年末のクローズを予定されていたとのことですが、コロナ禍の中での終幕となって残念です。

建物が取り壊されるとは今のところきいていません。建物の存続を願うとともに、建物の保存を続けてきたオーナーさんに感謝です。

The gallery “Space Oguruya” that have the oldest wooden house among the Hatsune-no-Michi street was closed on the end of 2020. This house was build in 1830.