大阪自然史フェスティバル2019・11月17日(日)参加いたします。

大阪市の長居公園内にある「大阪市立自然史博物館」にて開催される「大阪市自然史フェスティバル2019」、11月17日(日)に旅するミシン店はブースを出展いたします。

フェスティバルは2019年11月16日(土)と17日(日)の2日間開催ですが、当店ブースは17日のみの出展となります。

開場時間は9時30分~16時30分です。関西文化の日にあわせて博物館への入場は無料となります。

会場の大阪市立自然史博物館はサッカースタジアムとして著名な「長居競技場(ヤンマースタジアム)」もある「長居公園」内です。最寄り駅は地下鉄御堂筋線とJR阪和線の長居駅です。博物館は地下鉄駅・JR駅から国道479号(長居公園通り)沿いに東方面に直進するとあります。

17日の会場での旅するミシン店のブースは「B会場」のミュージアムショップ近く・壁際の「3番」に配置されます。

会場全体配置図(PDF)

このフェスティバルには関西圏の生物好きが集ります。当店としても喜んでいただけるような品揃えをしたいと思っています。

ブックカバーなどのレギュラー品を中心に、書籍、新作てぬぐい、エコバッグなどの1点ものも用意いたします。

ご来場、お待ち申し上げております。

We will make exhibition booth in the Festival of the Osaka city Natural History at November 17th(Sun).

2019年10月27日(日)京都・上賀茂手づくり市に出展いたします。


旅するミシン店は来る10月27日(日)開催の「上賀茂手づくり市」に出展できることなりました。京都・関西の皆様と上賀茂神社にて今年もお会いできることになり、店長の植木ななせも大変よろこんでおります。

ご来場者様に喜んでいただけるよう、カラスくん柄を中心に一点ものもできるだけ揃えたいと思います。
新刊『カラスの毎日』や『2020カレンダー』もご用意いたします。

会場については下記の主催者様のページをご覧願ます。
https://kamigamo-tedukuriichi.com/publics/index/89

当店のブース番号は「20番」で、「ならの小川」にかかる橋のたもとになる予定です。

会場時間は9時~16時ですが、設営が完了するのは9時過ぎになる見通しです。

会場の交通アクセスについては上賀茂神社様のご案内をご覧ください。
https://www.kamigamojinja.jp/access.html

会場は雨天決行で、当店も雨天の時も少なくとも正午までは会場におりますが、関東からの出展で地元出展者様のようにテント等の設備を持ち込めないため、展示製品数は大幅に減ることを想定しております。ご理解のほど、どうぞよろしくお願いたします。

皆様とお会いできるのを心より楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

御礼:日本鳥学会2019年度大会(於:帝京科学大学)

はじめての鳥学会での出展でしたが、大変楽しい2日間でした。お立ち寄りいただいたみなさま、どうもありがとうございました。

鳥の研究、観察、フィールドワークをされてる方と話せたことが、とても刺激を受け、勉強になり、そして、すごく夢中になれるものを持っていることが大変うらやましく思いました。相手の方の好きなことや興味あることの話を伺うのは、ほんとうに楽しいです。

カワウやウミスズメ、アホウドリなど、海鳥のグッズのリクエストをいただくことが多く、もしかしたら、近々形になる、かもしれません。

また鳥学会の販売に参加させていただきたいと切に思っております。すごくいい経験をさせていただきました。ありがとうございました。

植木ななせ

日本鳥学会2019年度大会での出展ブースにご来場いただき、ありがとうございました。今回は学会ということで、専門家がご来場者のほとんどを占めるという環境での初めての出展でしたが、ななせ店長も鳥好きの方に囲まれて楽しく展示ができました。

展示場所は『カラスと京都』などの著者松原始先生の研究ポスター発表場所の近くということもあり、多くの方にブースに来ていただきました。また慣れない環境の中で、他のブースご出展者様・学会運営関係者の方にも大変お世話になりました。御礼申し上げます。

また鳥学会には出展して参りたいと思います。その時はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

Thank you for visiting our booth at the Ornithology society of Japan 2019 Forum at the Teikyo Science University from 14th and 15th September. Nanase was enjoying to talking with the experts of birds. We are gratefully appreciated for warm help by friends of booth and administrators of the Forum. We are looking forward to seeing you again at the Ornithology society Forum in coming days.