東京都台東区谷中・地区計画の経緯についてのまとめ

朝倉彫塑館の屋上(4F)から見渡す谷中の町並み

 

東京都台東区は現在、谷中の街並みの形成の根幹にかかわる「地区計画」を策定中です。地区計画を一言で言えば、谷中エリア(谷中と上野桜木、池之端の一部)内の建物建築に関しての一連の規制(条例)の策定・施行計画です。

2019年10月中旬に区による住民向けの説明会が開かれ、参加された方から計画の内容とその伝達の仕方に反発する意見が多数寄せられました。区は計画案を修正した上で、同年12月下旬、2回に分けて説明会が再度開かれました。

現在、計画案に対する意見書の公募期間です。この期間を通過すると区は都市計画の条例案として再度公表し、区議会の審議を経て正式に条例化されて、地区計画が施行されます。

当店は谷中に開業し、お付き合いのあるご近所の方やお客様にも街並みに関心がある方が多く、この計画案意見公募期間中に、後世への記録的意味もこめてまとめの記事を書いてみました。

台東区が説明に使った地図については、著作権を理由に台東区が転載を禁止しているため、本ページでも引用・転載はしていません。各項目でリンクした台東区資料からご確認ください。

【地区計画案(修正原案)の主なポイント】
(1)計画対象エリア「谷中地区」:谷中1~7丁目、上野桜木1・2丁目、池之端4丁目と3丁目の一部

(2)建物の高さ規制:
・「商業・住宅地区」(日暮里駅北口から谷中ぎんざ沿道、団子坂周辺~三崎坂~霊園前の分岐~旧吉田屋酒店沿道)
→高さ制限20メートル(6階建程度)

・「よみせ通り沿道地区」→高さ制限17メートル(5階建程度)

・「朝倉彫塑館通り沿道地区→高さ制限12メートル(4階建程度)

・「(その他すべて)住宅地区」→高さ制限12メートル+傾斜確保(4階程度+4階部分に日当たり確保の傾斜必要)

→〈予想される影響〉鉄骨コンクリート造りの大型住宅・集合住宅と中小型ビル・ホテルが地域で増加する。

高さ制限の図解。右側の図で、4階に傾斜があるのが一般住宅地区、傾斜がないのが朝倉彫塑館通り地区の高さ制限の図説。(令和元年12月台東区谷中地区計画原案説明資料より)

(3)道路拡張(壁面位置の後退):救急車をスムーズに通すことを前提に狭い道を生活防災道路に拡張
+路地でも建て替え時のセットバック(家屋の後退)設置を義務化

〈予想される影響〉住民の住宅建て替え時の負担増加+小さい家屋が建ちにくくなるため宅地の集約が進む→住宅の大型化・道路の大型化(救急車なども通行しやすくなる)・路地における住民コミュニティの解体促進

道幅4メートル以下の2項道路(建築基準法法上は正式な道路ではなく拡張が必要とされる)におけるセットバック設置例の図解(平成30年11月台東区谷中地区計画素案道路B2説明会資料より)

(4)建て替え時の敷地面積の最低面積を原則50平方メートル(約15坪)とする

→〈予想される影響〉小さな住宅の建て替えと遺産相続における敷地の分割相続がしづらくなるため、土地の集約化が促進→路地コミュニティの解体、住宅の大型化がすすむ。住宅の密集が解消されるので、防災面ではプラス。

建て替え時の敷地面積制限図解(令和元年12月台東区谷中地区計画原案説明資料より)

【谷中地区の特徴】
江戸幕府が寺町として開発した谷中一帯は、その歴史的経緯から寺院が地区の地主の大多数を占めています。行き止まりの多い狭い私道(路地)で細かく分けられた地割に借家が多数建っています。借地権つきの家屋が多く、経済的な取引には保守的傾向が多い寺院の地主が多いため、昭和の高度成長期でも地割の変化が少なく、東京の中でも明治・大正時代の街並みが残っている地域といえます。

【まぼろしの都道計画】
谷中地区の特徴として域内に2車線型の大型車道がないこともあります。これが谷中から開発の波から守り、また一方自動車使用者にとっては西日暮里一帯と鶯谷・上野方面を通行するとき、台地の谷中地区をう回する必要があります。戦後、西日暮里から谷中から上野駅北口へ抜ける都道計画「補助92号線」計画がありました。

2015年まで存在していた都道(2車線道路)計画: 東京都「都市計画道路の見直し方針について」(平成27年)より

補助92号線が完成した場合、夕やけだんだんの上部から旅するミシン店の手前を2車線の車道が通っていたことになります。しかし、寺院の地主が多く路地も多い谷中エリアでは都道計画はほとんど進まず、2015年に都は谷中エリアが観光地として著名になっていることを理由に都道計画の中止を決定しました。

【都道計画にあった建築規制】
都道計画により、都道が通るエリアは地区整備計画区域として指定されていました。これは谷中の大半が含まれ(ただし三崎坂・よみせ通り・谷中ぎんざ沿道エリアは商業地区として除外)、(1)建物高さは10メートルまで(3階建)(2)鉄筋コンクリート造の禁止を主旨とする建築規制がかかっていました。これは都道開通の際に住民の移転を容易にするために、堅牢な建物を排除することが目的でした。この規制も、谷中エリアでマンションなどの集合住宅が少ないことに貢献しました。

【地区計画案の経緯】
2017年3月谷中地区まちづくり方針」→2015年の都道計画廃止にともない、台東区が谷中エリアの開発方針を公表。具体的な規制案は明示されず、都や国が打ち出している災害に強い街づくりと谷中エリアが持つ特色ある街並みへの配慮をうたっています。

2019年2月谷中地区地区計画(素案)」→初めて地区計画の具体的な内容が明らかになり、(1)商業地区の高さ制限20メートル(6階建)・一般地区は12メートル(4階建)を原則とする、(2)容積率(土地面積に対する建物合計面積の割合)を緩和、(3)道路が狭いエリアでの建て替え時のセットバック(30センチ)設置の義務化、などが打ち出されました。事実上、谷中エリアにおいて集合住宅や中層ビルへの建て替えを促進する内容となっています。

同時期に集計された住民アンケートを読むと、高い建物が建つことへの抵抗感を一様に強いのですが、それ以外の狭い道路の拡張については、防災強化の観点から賛成の意見が多数を占めています。

2019年7月(修正)谷中地区地区計画(素案)」→2月案とほぼ同じ内容ですが、道路拡張のルールを地区ごとに分けるなど細かい変更あり。地区計画案が地権者や区と事前協議を持つ団体・町会関係者以外にも伝わるようになり、案に対する懐疑的な意識が徐々に強くなっていったようです。

2019年9月→「谷根千」「夕やけだんだん」の名称の生みの親である作家・編集者の森まゆみさんが地区計画凍結のオンライン署名活動を開始。(提出先は台東区ではなく東京都知事)

2019年9月中旬→東京新聞が地区計画に懐疑的な記事を一面に掲載。

2019年10月上旬→TBS「噂の!東京マガジン」で地区計画が批判的に取り上げられました。

2019年10月中旬→台東区が地区計画を条例案に近づけた「原案」を公表。区は10月21日説明会を開きましたが、説明会と原案の内容の告知が1週間前の町会を通したポスティングのみ(WEBでの原案内容公表なし・町会の掲示板での告知もなし)とかなり急だっため、参加者の不信を招き、厳しい質問が続出したようです。区がまとめた質疑応答記録には一部省略されていますが、区からの説明とコミュニケーションの不足にもかなりの批判があったとのこと。また、素案より開発促進をすすめた要素(「朝倉彫塑館通り」沿い地区で実質的に高さ20メートルの建築可能など)もあり、それも参加者の不信感を強めたようです。

令和元年12月の説明会告知パンフレットに掲載された説明の進行(台東区作成)。

2019年12月中旬→台東区が原案の修正案を提出。よみせ通りの高さ制限を向かい合わせの文京区側に合わせて20メートルから17メートルへ後退修正、救急車が通れる道幅を確保する「生活防災道路」の対象を絞り込み、朝倉彫塑館通りの高さ制限を実質20メートルから素案の12メートルに戻すなど、区が住民側に歩み寄る姿勢の修正案となりました。説明会も年末であるものの2週間前の告知、12月20日と21日開催と住民へのコミュニケーションをやや改善させていました。筆者(安武)もこの説明会に参加していますが、質疑応答でも区の修正を評価する声も出ていました。

2019年12月、谷中コミュニティセンターで開催された説明会。

2020年1月→「修正原案」の縦覧と意見書提出期間(1月20日月曜日まで)となります。修正案資料の最後に記載されている「台東区役所都市づくり部地域整備第三課」の連絡先へ開庁時間内(17時)までに提出・電話する必要があります。郵送・メール・FAXでも受け付けているとのことです。意見者は谷中エリア地区の住民以外でも「地区に利害のある人(エリア内で勤務や店舗を運営などをしているエリア外住民)」でも提出できます(専門家に確認しました)。

【2020年1月以降、予想される動向】
・原案は意見書の公募を経て、谷中地区まちづくり協議会との協議などの処理が順調すすめば、都市計画案として地区計画を行政的に公式に公開する「公告」の手続きに入ります。それを処理すると都市計画審議会の答申得た後、区議会での審議を経て正式に条例として施行されます。19年12月の説明会で区の担当者は順調に行けば2020年6月に区議会に条例案を提出できる見込みと話していました。

・ここで経緯を書いた「地区計画」は街づくりにおける「建築への規制」に関わるものです。専門家や一部住民が求めている街並みを守る「景観」に関する条例の追加やいわゆる「伝建地区」指定については地区計画とは別途に議論・条例化の手続きをすすめると区はしています。ただ、各地の伝統的な街並み保存は比較的裕福で、もともと区画や宅地・建築物のつくりにゆとりを持っている地域の住民の理解と負担があって成立しているのが現状です。谷中のような「下町」構造の地区で景観や伝統建築保存的な条例や施策が成立したケースは日本国内ではあまりなく、もし施行するにしてもこの地区計画以上の住民の理解と行政的チャレンジが必要になるはずです。

京都市中京区。伝統的な町屋エリアに小型マンションが建設されはじめて、街の光景が変わりつつあります。

・筆者が確認しただけでも、現在朝倉彫塑館通り、日暮里駅前の御殿坂通りで大型建築物が建築できる土地の整備計画が着手されています。特に朝倉彫塑館通りの案件は谷中全体のランドマークと言える朝倉彫塑館に隣接する土地です。谷中は災害に強い上野台地・山の手内・山手線沿線という強固な好立地条件を持っており、好不況関係なく今後開発がすすんでいくと思われます。住民の地区計画への関与はこの開発の波を調整する最後の機会になると感じています。

よみせ通り。広い空を保っている光景。このまま地区計画が施行されて開発がすすむと、この光景が変わる可能性があります。

【参考URL】
台東区:谷中地区まちづくりについて
(2017年から台東区が公表した地区計画の資料が集まっています)

台東区:たいとうマップ
(「地区計画」をクリックすると台東区の地区計画が地図表示されます)

谷中地区まちづくり協議会:環境部会Facebookページ
(「谷中地区まちづくり協議会」は住民・専門家・町会・仏教会などの有志が参加した協議会で、台東区とも直接協議しています。同会のFacebookページで地区計画についても最新情報を発信しています)

東京都都市整備局:「都市計画の見直し候補区間(日暮里・谷中地区)」の見直し方針
(地区計画の発端となった都による都道計画見直しの説明)

日本不動産研究所:まちづくりの契機(谷中が谷中でなくなる)
(都市づくりの専門家で元東京都幹部職員による谷中エリアの街づくりの歴史についての解説)

未来定番研究所:新・「谷中学校」がはじまる
(80年代からの谷中の街づくりで中心的役割を果たした野池幸三氏と椎原晶子氏の対談)

2019年1月18日 旅するミシン店 安武(管理人)

2020年 あけましておめでとうございます/Happy New Year 2020!

ねずみのトロントくん/The mouse of “TRONTO” celebrating new year 2020 in the rice cake.

あけましておめでとうございます。

昨年は身近なところで多くの災害が起きた年でした。
当店のお客さまの中にも被害に遭われた方が何人もいらっしゃいました。
また懇意にしていただいている方の農作物が被害に遭いました。
地球の温暖化、環境問題も大きな話題になっています。

これからはもっともっと大きな視野で物事を見ていく必要があるのかもしれません。
今年はまたできることから少しずつ視野を広げていきたいと考えています。

2020年が笑顔の多い一年になりますように。
そして、みなさんにとってのいろいろな出来事が、少しずついい方向に進みますように。

本年も旅するミシン店をどうぞよろしくお願いいたします。

店長 植木ななせ

Happy New Year 2020!

In 2019, the global warming caused many problems also in Japan.

I think we need to have more wide views in this year.
And I would like to start from a little thing.

May this be a year in many smiles.
I look forward to you will change better in 2020!

Nanase

選挙に行こう!2019 ―シールを配布します。

2019年7月21日(日)が開票日となる第25回参議院選挙は、日本の将来に関わる重要な選挙です。旅するミシン店では投票をされたお客様へ特製シールを配布いたします。7月20日(土)以降、旅するミシン店の谷中のお店で、参院選挙への投票(これから投票予定の方も)をお申し出いただければ、シールをお渡しいたします。シールはしばらくの期間配布できる数量は用意しましたが、なくなり次第終了とさせていただきます。

まだの方は、7月21日までに投票に行きましょう!

おこがましいかもしれませんが、ご投票の参考になるサイトです。

Yahoo!ニュース特設サイト

東京都選挙管理委員会特設サイト(選挙区は東京選挙区のみ対応)

朝日新聞社と東京大学谷口研究室の共同調査(立候補者アンケートに基づく政策スタンス比較)

三春充希(はる) ☆2019参院選情勢情報部 (選挙分析など)

・・・

選挙にも膨大な税金が使われています。投票しないともったいないんです。
選挙は楽しい。あーでもない、こーでもないと悩んで、あなたを代弁してくれる人を選び、その人に任せる。国の代表を選ぶなんて考えずに、今のあなたと一番意見が近い人、そしてその意見を国会で伝えてくれそうな人を選びましょう!
一票の責任は、意外と重い。だからみんなで行こう!

フィンランドの投票率は低くて70%台、フィンランドのように投票率が高くあって欲しいです。

シールにはフィンランド語で「投票」äänestys(アーネステュス)、「7月」heinäkuu(ヘイナクー)と書いてあります。

店長 植木ななせ

・・・

十数年前の話ですが、新卒で就職後にしばらく九州で働いていました。それまでは東京に住んでいました。九州最大の都市の福岡といえども、都市のサイズは東京よりもはるかにコンパクトで、その代わりいろんな職種・立場の人と比較的濃い関係を持っていたように思います。社会人として九州に来て少し驚いたのが、政治が身近に感じたことでした。インフラ関係の仕事の方、労働組合の幹部、宗教団体の信者の方、イデオロギー政党の方、皆さん人生の先輩方で、よくしてくださったのですが、投票の勧誘や選挙の話も東京に比べるとダイレクトに来たのです。そして強く感じたのは、日本の政治は団体の活動によって動いているということでした。

2000年代前半、止まらない少子高齢化、貧富の格差、正規・非正規雇用の格差、異常に高い社会保険料、長い労働時間、男女の固定した役割・観念など、当時の若者層だった就職氷河期世代にとって重要な問題が数々あったのですが、少なくとも私が時間をともにした当時の若年・青年層の男女に、政治への関心、また政治が問題に関わることへの期待を持っている人は(私も含めて)ほとんどいなかったと記憶しています。一方で、先輩方が関わっていた「団体」はそれなりに政治を動かし、政権交代も起こりましたが、私や同世代が身近に感じていた問題に本質的に触れられることはあまりなかったように思います。

結局、それらの問題は社会的な大きな議論になることがなく数十年が過ぎ、状況がかなり悪化してから、より大きな問題として、2019年、社会に横たわっています。問題の当事者として影響を受ける方が、投票という行動しなかった、あるいは行動しづらいという構造が2000年代前半当時あったと思いますが、それは今の時代にもかなり引き継がれていると思います。

投票は地味で、意外と時間もかかるので、行くのは苦痛に感じることも多いです。一方で、オーストラリアのように、投票所周辺に多数の屋台が出てお祭りのような空間になっていて、投票する人が楽しめる環境が作られて、全体として高度な民主主義が維持されているようなところもあります。

ななせ店長と話して、これまで投票をアピールするイラストをSNSに投稿してきました。少し一歩踏み込んで、本当にささやかですが、今回は選挙参加の証として「シール」をななせ店長がつくり、配布いたします。「投票」が身近で、重要で、そして楽しくなることに微力ながら貢献できたらと思っています。

投票に行きましょう!

管理人 安武輝昭

・・・