サルと屋久島 ヤクザル調査隊とフィールドワーク

世界的にも貴重な野生霊長類の長期継続研究を屋久島で続けるヤクザル調査隊。単純な調査結果をひとつ得るためにも必要になる膨大なフィールドワークと議論・思考、そしてそれを実行する生身の人間たち。行動する科学としての動物生態学のリアルに触れる一冊。

『サルと屋久島 ヤクザル調査隊とフィールドワーク』

もののけ姫の棲む屋久島の天空の森は、全国から集まった学生たちの自主的な調査でその秘密のベールを開いた。その30年の試行錯誤の軌跡に日本の希望を託したい。
京都大学総長 山極壽一

【概要】
日本国内でも手付かずの自然が残る鹿児島県屋久島。そこに住むヤクシマザル(通称ヤクザル)の生態を調べるために1989年にヤクザル調査隊が結成された。隊長の好廣眞一教授の大らかな人柄のもと、1995年から全国から集まった学生たちが調査の主体となる。人海戦術からより生態調査の精度を上げるための思考過程と試行錯誤、フィールドワークにおける様々な実践とトラブル、多様な人間が集う調査隊のエピソードを90年代から調査隊の中核を担ったふたりの研究者、半谷吾郎と松原始が描く。

著者の松原始氏・半谷吾郎氏による本書の紹介はこちらです。

当店店主植木ななせによるイラストがほぼ全見開きに挿入。サルちゃんも大活躍。

【本書の特色】
本書では、生物学のフィールドワークの必須となる定点観測の理論化を軸に、90年代の調査にまつわる様々なエピソードを配置。読者の方にも、野外調査の楽しさ・大変さ・ノウハウ、研究者たちの剥き出しの人間性などをユーモアとともにダイレクトに伝えられる構成をめざしました。調査データの数値化・一般化の議論など難しい話題も入っていますが、当店店主植木ななせによるイラストを多数配置し、随所にコラムやミニ知識枠も配置して、読者の方に読み続けていただけるような工夫をこらしています。

関西弁でおおらか。愛すべきヨシヒロ先生。調査に試行錯誤するゴローくんやマツバラくんも大活躍。


【本書が内包する主なテーマ】

(生物学的)フィールドワーク、動物生態学、野生動物野外観察、チーム調査、(理系)論文執筆、ヤクシマザル生態、屋久島地誌、京大理学部文化など。

【内容見本】

こちらから30ページ分の見本をご覧いただけます。目次を確認されたい方も見本ファイルをご覧ください。

・・・
【書名】サルと屋久島:ヤクザル調査隊とフィールドワーク

【著者】
半谷吾郎:はんや・ごろう、京都大学霊長類研究所准教授、ヤクザル調査隊事務局長、著書に『ニホンザルの自然社会 エコミュージアムとしての屋久島』(共著、京都大学学術出版会)など。公式ページはこちら
松原始:まつばら・はじめ、東京大学総合研究博物館特任准教授、著書に『カラスの教科書』(雷鳥社/講談社文庫)『カラスと京都』(旅するミシン店)『鳥類学者の目のツケドコロ』(ベレ出版)など。

【絵】
サルちゃん、カラスくんなどのキャラクターイラスト:植木ななせ(旅するミシン店店主)
情景スケッチ:松原始

【ヤクザル調査隊について】
屋久島のニホンザル分布の解明を目的として1989年に結成。プロの研究者とともに、ボランティアで参加した学生が運営の中心となり、マンパワーを生かした生態調査を行う。1990年代に屋久島全域のニホンザル分布を明らかにし、現在は屋久島西部のヤクスギの森での生態調査を継続している。公式ホームページはこちら。隊長は好廣眞一龍谷大学名誉教授、事務局長を本書著者の半谷吾郎氏がつとめる。

【仕様】
[形状]単行本書籍(四六判ソフトカバー)・320ページ・モノクロ印刷
[価格]税抜1600円(本書は非再販商品です)
[ISBNコード]978-4-908194-08-5
[Cコード]C0045
[発行所]旅するミシン店(東京都台東区)

【発売】2018年12月12日

【お取扱店】*印がついてお店は本書を常備しています。
紀伊國屋書店札幌本店(札幌・札幌駅前)
ジュンク堂書店池袋本店(東京・池袋)*
紀伊國屋書店新宿本店(東京・新宿)*
代官山 蔦屋書店(東京・代官山)*
往来堂書店(東京・千駄木)
旅するミシン店(東京・谷中)*
本屋B&B(東京・下北沢)
紀伊國屋書店国分寺店(東京・国分寺)*
ときわ書房志津ステーションビル店(千葉県佐倉・志津)
枇杷舎(静岡・鷹匠)※週末のみ営業されている店舗です。
三省堂書店名古屋本店(名古屋・名駅)*
ジュンク堂書店京都店(京都・河原町)*
丸善京都本店(京都・河原町)*
京都大学生活協同組合西部会館ルネ書籍部(京都・京大構内)
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店(大阪・梅田)*
ジュンク堂書店三宮店(神戸・三宮)*
ジュンク堂書店福岡店(福岡・天神)*
書泉フローラ(鹿児島県屋久島・宮之浦)

【通販】※当店はAmazon.co.jp様との書籍のお取引がございません。何卒ご了承くださいませ。
honto(ジュンク堂書店・丸善での受け取りで送料無料、お買い上げ3000円以上で送料無料)
紀伊國屋書店BookWeb(紀伊國屋書店での受け取りで送料無料、お買い上げ2500円以上で送料無料)
e-hon(全国約3000店の加盟店の受取りで送料無料、お買い上げ2000円以上で送料無料)
T-SITE SHOPPING 代官山 蔦屋書店(お買い上げ5000円以上で送料無料)
旅するミシン店(送料180円)

【書店様・小売店様へ】
当店では取次会社様経由の取引は行っておりません。書店様・小売店様との直取引となります。卸売りの条件はこちらをご覧ください。販売店様から書籍に関するご連絡・ご質問はsalesあっとtabisurumishinten.com (※あっとを@にご変換ください。)
までメールにてご連絡ください。

【図書館様へ】
広報や告知で書影がご必要な場合は当ページ掲載の書影画像をダウンロードしてご使用ください。許諾のご連絡は不要です。

【メディア掲載】
2019年1月19日(土)朝日新聞朝刊・読者面/紹介記事はこちら
2019年2月23日(土)西日本新聞朝刊・読者面/紹介記事はこちら
2019年4月21日(日)信濃毎日新聞・読書面(評者:KIKIさん)
2019年5月 月刊「BIRDER」・第33巻第6号(2019年6月号)・「BOOK REVIEW」