カラス学者の回想 90年代の京都・百万遍・京大

京都大学はノーベル賞受賞者を複数生んだ学問の楽園地というだけではなく、1960年~70年代のフォークカルチャーを生んだアンダーグラウンドとサブカルチャーの中心地でもありました。

経済的な停滞・IT技術の普及浸透と社会の効率化により、日本でも1990年代後半以降、社会における生活構造は大きく変わって行きました。1990年代まで京都市の端にある左京区は文化的・生活圏的ガラパゴスであり、そこには学生たちが時間を共有する数多くの「場」がありました。そして、その「場」は時代の流れとともに2000年代以降、多くが失われました。

『カラスと京都』で生物学の視線から京都の街を描いてきた松原始先生。今回は京大の本拠地である百万遍中心として、かつて90年代の左京区にあった「場」を描きます。

鴨川の風と遊ぶ黒猫ヒャクマンベンくんと三白眼カラスのイマデガワくん。

予定タイトル:『カラス学者の回想 90年代の京都・百万遍・京大』
著・イラスト:松原始(東京大学総合研究博物館)
イラスト:植木ななせ(旅するミシン店)
予定ページ数:240
本の判型:四六判ソフトカバー
予価:本体1500円
ISBN: 978-4-908194-13-9 Cコード:0045
発売予定:2022年2月
発売:京都および東名阪福の一部書店、オンライン書店他
発行:旅するミシン店

通学の時に缶コーヒーを飲む黒猫のヒャクマンベンくん