台東区谷中7丁目のアパートの記憶

旅するミシン店と台東区立朝倉彫塑館の間に、和久田荘と山口アパートという2棟の2階建てアパートが隣接して存在していましたが、2021年8月末に完全に解体されました。ふたつのアパートは1950年代から存在していたようで、別のオーナーが所有する別経営のアパートでした。オーナーの死去と相続の問題から、2棟の土地がまとめてマンションデベロッパーに売却されました。また、隣接していた美容室「バンブ」さんも合わせて退去・解体となっています。

和久田荘は通り沿いに駐車スペースも兼ねた広い敷地を持っており、台東区から災害時避難先として指定され、地域に資源ごみの回収場所も提供していました。山口アパートの住人の方から退去時に所有していた本をいただいたりしました。2つのアパートのお住まいの方には当店でお買い物されたり、町会を通じて交流持ったりした方もいました。あるご高齢の住人の方は40年以上お住まいで引っ越し作業にも疲弊したとお話されていました。ストレスのたまる退去作業、本当にお疲れ様でした。

アパート跡はオープンハウス・ディベロップメントが取得しており、4階建て20室のマンションが建設されるとのことです。

地域の記憶のため、アパート解体の様子を写真で紹介いたします。解体工事開始は2021年7月1日、工事終了は同8月31日でした

<解体開始前の記事>
https://tabisurumishinten.com/?p=5817

<マンション建設の前提となった台東区による新地区計画>
https://tabisurumishinten.com/?p=5152

【谷中日記】江戸時代からの建物を持つすぺーす小倉屋さんが営業終了。

旅するミシン店も面してる初音の道 (朝倉彫塑館通り)で、最も古い建物であるすぺーす小倉屋さんが昨年末でクローズされました。

小倉屋さんの2階建店舗建物は江戸時代末期(1830年)から存続する建物で、国の登録有形文化財でもあります。3階建の蔵は大正時代のもので、こちらも登録有形文化財です。

オーナーさんの熱意で27年間ギャラリーとして存続していました。当初から昨年末のクローズを予定されていたとのことですが、コロナ禍の中での終幕となって残念です。

建物が取り壊されるとは今のところきいていません。建物の存続を願うとともに、建物の保存を続けてきたオーナーさんに感謝です。

The gallery “Space Oguruya” that have the oldest wooden house among the Hatsune-no-Michi street was closed on the end of 2020. This house was build in 1830.

旅するミシン店のご紹介(2021年2月)

注目

Please see the shop information in English here.

東京・谷中にあるブックカバー店の旅するミシン店です。店長・作家の植木ななせが描くどうぶつのキャラクターをのせた、オリジナルの布雑貨・紙雑貨・書籍各種制作しております。

【旅するミシン店通販部】
COVID-19パンデミックの影響により、現在通販に注力しております。谷中店舗にある製品の大半は下記の旅するミシン店通販部にご購入いただけます。

https://tabisuru.base.ec/

【e-hon】
トーハンが運営するオンライン書店「e-hon」にて当店の書籍とブックカバーをお取り扱いいただいております。

https://tabisurumishinten.com/?p=6065

【お取扱店】
継続的に当店の製品をお取扱いただいているお店はこちらでご覧いただけます。

https://tabisurumishinten.com/?page_id=898

【書籍お取扱店】
書籍のお取扱店についてはタイトルごとにご覧願います。

https://tabisurumishinten.com/?page_id=2091

【谷中店舗】
現在、土日祝を中心に不定休で営業しています。営業日時は下記のページにてご覧ください。

https://tabisurumishinten.com/?page_id=191

ご来店の際は感染防止対策へのご協力をよろしくお願い申し上げます。

https://tabisurumishinten.com/?p=5870

【SNS】
当店の製品情報は通販・店舗の運営の情報は下記のSNSで発信しています。一番情報量が多いのはTwitterですが、Instgramでもなるべく多くの情報を発信しています。Facebookでは情報を少し絞って出しています。

Twitter
Instagram
Facebook