(卸売)客注ご注文での郵便払込用紙での決済を取り止めます(22年1月まで)

お取引店各位

お世話になっております。平素は当店とお取引いただき誠にありがとうざいます。
これまでいわゆる「客注」とよばれる1冊単位のご注文に対し、郵便払込用紙(当店手数料負担)での決済に対応して参りました。しかしながら近年の手数料の大幅値上げに加え、下記のリンクの通り、日本郵便が小口の現金決済に対し110円の手数料を22年1月17日より新たに加算することが発表されました。

https://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2021/news_id001686.html

当店では手数料をこれ以上負担することが不可能となりましたので、とても残念ですが2022年1月16日までに客注ご注文においての郵便振替の決済を廃止いたします。代わりに1冊単位の客注のご注文を対象とした専用ウェブストアを立ち上げる予定です。

なお、書籍5冊以上の通常注文におきましては郵便払込用紙でのお支払い決済を継続する予定です。

ご不便をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

ジュンク堂書店三宮店(5階)のフェアに参加にします。

神戸市三宮のセンター街内にあるジュンク堂書店三宮店・5階理工書売場レジ前のギャラリースペースの展示に旅するミシン店も出品いたします。文庫・新書などのポケットサイズの本と合わせてご展示いただく予定です。

初回納品はブックカバー(文庫・新書・四六ソフトカバー・四六ハードカバーの4サイズ)と「三宮お楽しみ巾着」(オリジナル巾着にお菓子と小物が入ったお得なセット)です。12日(日)には展開となる予定です。

フェアについては9月末ごろまでの予定です。その期間、また納品を行います。納品物の詳しい内容は当店のSNSで告知する予定です。

神戸市・周辺の皆様の三宮店様へのご来店、お待ちしております。

台東区谷中7丁目のアパートの記憶

旅するミシン店と台東区立朝倉彫塑館の間に、和久田荘と山口アパートという2棟の2階建てアパートが隣接して存在していましたが、2021年8月末に完全に解体されました。ふたつのアパートは1950年代から存在していたようで、別のオーナーが所有する別経営のアパートでした。オーナーの死去と相続の問題から、2棟の土地がまとめてマンションデベロッパーに売却されました。また、隣接していた美容室「バンブ」さんも合わせて退去・解体となっています。

和久田荘は通り沿いに駐車スペースも兼ねた広い敷地を持っており、台東区から災害時避難先として指定され、地域に資源ごみの回収場所も提供していました。山口アパートの住人の方から退去時に所有していた本をいただいたりしました。2つのアパートのお住まいの方には当店でお買い物されたり、町会を通じて交流持ったりした方もいました。あるご高齢の住人の方は40年以上お住まいで引っ越し作業にも疲弊したとお話されていました。ストレスのたまる退去作業、本当にお疲れ様でした。

アパート跡はオープンハウス・ディベロップメントが取得しており、4階建て20室のマンションが建設されるとのことです。

地域の記憶のため、アパート解体の様子を写真で紹介いたします。解体工事開始は2021年7月1日、工事終了は同8月31日でした

<解体開始前の記事>
https://tabisurumishinten.com/?p=5817

<マンション建設の前提となった台東区による新地区計画>
https://tabisurumishinten.com/?p=5152