旅するミシン店のブックカバーの洗濯について

旅するミシン店のブックカバーは表地に伸縮しやすい綿麻混合もしくは麻100%の生地を基本的に使用しているため、洗濯には不向きなつくりです。ただ、長年の使用による汚れや思わぬ汚れの付着などでブックカバーの利用が難しくなった場合は以下の手洗い洗濯を試してみてください。

【注意】この手洗は複数の方が試して問題なく再使用できた方法ですが再現性は保証できません。洗濯をする環境やブックカバーの使用状態などでも結果は左右されます。

(1)洗面器などブックカバーを浸せる容器に水・ぬるま湯を半分程度入れ、洗剤を適量入れてください。洗剤は「中性・蛍光増白剤なし・漂白剤なし」を推奨します。

(2)準備した容器にブックカバーを入れ漬け置き洗いを行ってください。この際絶対に揉まないでください。揉んだ場合、表地が確実に縮みます。必要に応じて、汚れを手のひらで押し出すような押し洗いを行ってください。汚れが落ちにくい場合は漬け置き時間を最長30分ぐらいまで伸ばしていただいてから、押し洗いを試してみてください。なお、(特に)カレー、食品、お茶・コーヒーの着色は天日干しである程度低減できますので、無理のない範囲で洗濯を行ってください。ワンポイントの汚れはブックカバーの変形に気を付けながら、該当部分に歯ブラシを当てて優しくこすったり叩いたりしてみてください。

(3)水を張った容器に洗ったブックカバーを入れすすぎを行います。基本的に漬け置きをして、必要に応じて押し洗いを加えてください。すすぎが不十分の場合は、水を入れ替えてすすぎを繰り替えしてみてください。すすぎの過程でも絶対に揉まないでください。

(4)すすぎが終わらったブックカバーはタオルに包んで軽く押し脱水を行います。

(5)脱水をしたブックカバーを手で伸ばします。特に天地方向(写真参照)を重点的に伸ばします。表地の繊維の向きが天地方向のため、伸縮も主に天地方向で発生しています。

(6)伸ばしたブックカバーを変形させず、そのままピンチなどに下げて干します。消毒効果・変色を消す効果がある天日干しをおすすめします。

(7)若干生乾きの状態でアイロンがけをして乾燥させます。アイロンがけは縦(天地方向)を重点的に行います。アイロンがけができない場合は生乾き状態で再度手で天地方向に入念に伸ばしてそのまま完全に乾燥させます。

上記の手順を守って洗濯・乾燥していただければ、縮みが最小限に抑えられて洗濯後も再利用がしやすくなるとかと思います。

【忌避事項】
・洗濯機の使用→ネットに入れても確実に縮みます。
・漂白剤の使用→表地の柄プリントも漂白されます。また漂白剤の濃度が濃いと生地素材そのものにダメージを与えます。
・生地の左右方向の過度のアイロンがけ・伸ばし→生地の左右方向(天地の逆、ヨコ地)は伸びやすくアイロンがけを過度に行うと、必要以上に伸びてしまいます。左右方向へのアイロンがけ・伸ばしはシワ伸ばし程度で充分です。

極厚文庫本対応のブックカバーをつくりました。

文庫本の中には600ページを超える大作のタイトルが数多くあります。有名なのは京極夏彦さんの文庫本作品ですが、ちくま文庫の学術的なタイトルにも多くあります。時代小説、戦記物ノンフィクション、古典文学のタイトルに極厚文庫本は見られます。

当店では厚さ26ミリから43ミリ(600~1200ページ程度)の極厚文庫本に対応するブックカバーをつくりました。逆に厚さが26ミリ以下(600ページ以下)の文庫本については、この極厚文庫本カバーよりも通常のブックカバーのご使用をおすすめします。通常のブックカバー同様、極厚文庫本カバーも全てハヤカワ文庫に対応しています。

なお京極夏彦さんの一部タイトル(例:1400ページ超の『絡新婦の理』)などの超極厚文庫本(1200ページ超・幅44ミリ以上)については、谷中店で販売している「聖書A6サイズ・超極厚文庫本用」のブックカバーで対応させていただいております。聖書に関しては日本聖書協会のハンディサイズ聖書である『新共同訳 小型聖書 NI44』に対応しています。この「聖書A6サイズ・超極厚文庫本用」については在庫が少ないため、お買い求めの方は当店代表メールかSNSのDMなどでご来店前に事前のお問い合わせを願いします。

極厚文庫カバーについては谷中店に常備いたしますが、他のサイズに比べ柄のバリエーションは少な目になりますので、何卒ご了承ください。また、カバーをつけるお目手当の本がございましたら、ぜひ実物をもってご来店いただければ幸いです。

Tabisurumishinten made the book-cover for thick pocket books. It fits for over about 600 page up to 1200 page Japanese “Bonko(文庫)” pocket size book.

那覇「BOOK Cafe&hall ゆかるひ」さんで当店のブックカバー取扱い開始しました。

那覇のメインストリート「国際通り」の北側・久茂地。1980年代にこの地に「夢空間」さんという絵本専門店がありました。この絵本店のオーナーだった屋嘉道子さんが2016年にオープンしたのが「BOOK Cafe&hall ゆかるひ」さんです。

https://yukaruhi.weebly.com/

「ゆかるひ」は琉球語で「佳き日」という意味です。”沖縄の宝をさがして出会えたその日が「ゆかるひ」。”ということから店名を命名されています。その由来の通り、店内は沖縄・琉球文化に関わる本や工芸品が展示されています。あるご縁があって、その一角に当店の文庫ブックカバーも置いていただくことになりました。ブックカバーはできるだけ柄のバリエーションを豊かにし、裏地は沖縄県内で購入した生地をなるべく多く使うようにしています。

久茂地は東京でいうと銀座・新宿にあたる、繁華街+ビジネスの中心を那覇で担っているエリアです。道子さんは今のゆかるひさんと同じビル内で絵本専門店を開業後、ご結婚で長野へ移住。基地の問題などで苦悩する故郷を見て、那覇で再びお店をすることを決意されたそうです。道子さんのことは地元紙でもたびたび紹介されています。

琉球新報による紹介記事

地元紙に掲載された道子さんのエッセイ

ゆかるひさんの書棚は那覇のアート関係の古書店である言事堂さんが担当されており、沖縄関連書籍を中心に深い選書が提供されています。カフェスペースでは、那覇と嫁ぎ先の長野の両方の味を知る道子さんがつくる自然志向の心身に優しいランチも楽しめます。約60人が収容できるイベントスペースもあり、音楽、舞踊、映画上映、沖縄の作家による作品展示、沖縄の様々な側面を知るトークイベントからヨガイベントなど多分野の催し物が頻繁に開催されています。

当店もブックカバーを置いていただけることなり、ブックカバーの魅力を那覇・沖縄の方に知ってもらえるよう、製品づくりを工夫してゆきます。

沖縄ご在住、また那覇へご旅行されるお客様はぜひ「ゆかるひ」さんをのぞいみてください!

・・・

Book Cafe&Hall ゆかるひ
住所:那覇市久茂地3-4-10久茂地YAKAビル3F
(最寄り駅:ゆいレール「県庁前」)
ホームページ:https://yukaruhi.weebly.com/
Facebook:https://www.facebook.com/yukaruhi/
電話:098−860−3270
営業時間:11:00~18時ごろ(日没)
定休日:毎週火曜日および水曜日

・・・

The Book-Cafe and culture venue “Yukaruhi” in Naha, Okinawa started to sell the Book-cover of Tabisurumishintenl, from June of 2019.

“Yukaruhi(ゆかるひ)” means “A Good Day” in Okinawa(Ryukyu) languages.

Yukaruhi sell the books about Okinawa and craft works by Okinawan creators. In the cafe space, you can have the natural meals that reflects the Okinawa and Japanese culture. Many events about Okinawa and Asian culture is taking palace in Yukaruhi.

“Book Cafe & Hall Yukaruhi”(ゆかるひ)
Adress: 3rd floor of Yaka-Building, 3-4-10 Kumoji, Naha, Okinawa.
Telephone(in Japan): 098−860−3270
Business hour: 11am to about 6pm(sunset time).
Business holiday: every Tuesday and Wednesday.