旅するミシン店のご紹介

注目

Please see the shop information in English here.

東京・谷中にあるブックカバー店の旅するミシン店です。店長・作家の植木ななせが描くどうぶつのキャラクターをのせた、オリジナルの布雑貨・紙雑貨・書籍各種制作しております。

【旅するミシン店通販部】
谷中店舗にある製品の大半は下記の旅するミシン店通販部にご購入いただけます。

https://tabisuru.base.ec/

【e-hon】
トーハンが運営するオンライン書店「e-hon」にて当店の書籍とブックカバーをお取り扱いいただいております。

https://tabisurumishinten.com/?p=6065

【お取扱店】
継続的に当店の製品をお取扱いただいているお店はこちらでご覧いただけます。

https://tabisurumishinten.com/?page_id=898

【書籍お取扱店】
書籍のお取扱店についてはタイトルごとにご覧願います。

https://tabisurumishinten.com/?page_id=2091

【谷中店舗】
現在、土日祝を中心に不定休で営業しています。営業日時は下記のページにてご覧ください。

https://tabisurumishinten.com/?page_id=191

ご来店の際は感染防止対策へのご協力をよろしくお願い申し上げます。

https://tabisurumishinten.com/?p=5870

【SNS】
当店の製品情報は通販・店舗の運営の情報は下記のSNSで発信しています。一番情報量が多いのはTwitterですが、Instgramでもなるべく多くの情報を発信しています。Facebookでは情報を少し絞って出しています。

Twitter
Instagram
Facebook

【フェア告知】「旅するミシン店 MYSTERY & ADVENTURE TOUR」@ジュンク堂書店池袋本店9階

【フェアの告知】
お盆休みの8月10日(土)~8月29日(木) まで、ジュンク堂書店池袋本店さん9階ギャラリースペースでフェア
「旅するミシン店 MYSTERY & ADVENTURE TOUR」
を開催いたします。

暑い夏はミステリーとアドベンチャー小説の世界に浸って乗り切ろう!

東京・谷中にある旅するミシン店ではスリリングで現実逃避できる小説の世界のお供となるブックカバーや布小物・紙小物などのアイテムを出品します。

このフェアのための手描き一点ものやオリジナルアイテムもあります。さらにミステリーとアドベンチャー小説も選書しました。はじめての方にもおすすめの小説中心にわくわくする本が揃っています。

涼しいところで心ゆくまで推理と冒険の旅を楽しんでください。

会津木綿織元「はらっぱ/原山織物工場」に行ってきました。

旅するミシン店ではななせ店長が2012年に会津を訪れて以降、会津木綿を裏地に使ったブックカバーや製品を作り続け、ご好評いただいています。

先日、会津木綿の織元のはらっぱ/原山織物工場さんにお伺いして、生地を仕入れてきました。

はらっぱさんは会津若松市に残った会津木綿の織元2社のうちのひとつ。1世紀以上の伝統があった原山織物工場の社主の逝去を受けて、2015年に親族の方とデザイナーの山崎ナナさんが経営するアパレル製造のヤンマ産業さんが協力して事業継承を行い(HARAPPA)さんが誕生しました。はらっぱさんの社名は原山さんのお名前とインダス文明の揺籃の地であるハラッパをかけているとのこと。

原山織物工場時代からの生地の特徴として、会津木綿が伝統的に持つ生地の堅牢さと色の深さを保持・継承していることを感じます。

ファクトリーを見せていただきましたが、職人さんの細やかなコントロールのもと数多くの織り機がフル稼働している様子に感銘を受けました。

会津木綿は世界的にも通用する良質な綿織物というだけでなく、会津地方の文化の結晶のひとつでもあります。旅するミシン店ではこれからもはらっぱさん・会津木綿の生地を使ったブックカバーを出していきます。

e-honさん専売・四六判ハードカバーブックカバー販売開始

全国の書店さんに本を流通させているトーハンさんが運営するオンライン書店e-honさん。e-honさんだけでしか買えない読書犬の四六判ハードカバーサイズのブックカバーがご購入できるようになりました。

https://www.e-hon.ne.jp/bec/SP/SA/Detail?refShinCode=0100000000000008244436&Action_id=121&Sza_id=A0

買い物途中で大好きな読書が止まらない読書犬さんの柄、ななせ店長いわくかなりよく出来たとのこと。

e-honさんオリジナルの文庫・新書・四六判ソフトカバーもあります。

e-honさんでお取扱いいただいているブックカバー4サイズ(文庫、新書、四六ソフト、四六ハード)がご覧いただけるページはこちらです

【四六判ハードカバーサイズとは】:小説やビジネス書の新刊単行本でおなじみの四六判サイズのうち、表紙が硬い厚紙に覆われた仕様の本はハードカバー(もしくは上製本)と呼ばれています。ハードカバーの表紙は本文の紙より2ミリ程度大きく作られており、高級感があり本の耐久性・保管性も向上しています。多くのベストセラー小説の新刊時はこの四六判ハードカバーのフォーマットで発売されています。】

e-honさんの旅するミシン店製品のお取扱い情報については下記のページをご覧ください。 https://tabisurumishinten.com/?p=6065

旅するミシン店のブックカバーと書籍のご購入はご地元の書店支援にもなるMY書店さん経由でぜひどうぞ。

https://www1.e-hon.ne.jp/content/guide/about_e-hon.html