店主(Shop owner)

150622d
植木ななせ(うえきななせ)
旅するミシン店店主・布クラフト製品制作者・イラストレーター・ブックデザイナー。

東京都足立区生まれ。幼少期から絵を描き始める。

2003年8月から動物イラストをモチーフにした手づくりバックの制作・販売を開始。2006年には手づくりブックカバーも制作。「旅するミシン店」の屋号で各地の手づくり市などに出店後、2012年12月に東京都台東区谷中に旅するミシン店谷中工房を開店。

「マフラーを巻いた猫兄弟猫たち(リヴァプール四兄弟)」「こねことくまぼう」など旅するミシン店製品に入る動物たちのイラストをはじめ、雷鳥をモチーフとしたキャラクター「らいちょうくん」、「カラスくん」なども創作している。

主なブックデザイン作品としては「カラスの教科書」(講談社文庫・雷鳥社)「山が大好きになる練習帖」「カラスの補習授業」(雷鳥社)「もうヤダこんな後輩!」(きんざい)「カラスと京都」「どうぶつたちの給食時間」(旅するミシン店)がある。

150615a

装丁のみの作品としては「クマにあったらどうするか: アイヌ民族最後の狩人」(ちくま文庫)「ゾウの鼻はなぜ長い: 知れば知るほど面白い 動物のふしぎ33」(ちくま文庫)がある。

・・・

連絡先:tabisurumishintenあっとgmail.com
※「あっと」を「@」に変換してください。

店主は谷中工房には基本的に土日祝日の午後1時すぎ〜閉店まで在店しています。定期の金曜日、臨時の平日オープン日は制作のため、谷中工房を不在にしております。

・・・
Nanase UEKI

The artist and shop owner of Tabisurumishinten. An Illustrator and Book-designer.

She was born in Adachi-ku, Tokyo. She started to draw illustration in her childhood.

She started to sell hand-made bag with animal illustration on July 2003 in north Tokyo. And on 2006 she started to make book-covers with illustration. On December 2012 she opened Yanaka shop of Tabisurumishinten.

As a illustrator, she has worked in illustration for Tabisurumishinten like as the kitten Koneko and the bear Kumabo, 4 brother of cat “Liverpool”, the ironing dog “Sankt-Peterberg”, the grouse “Raichokun” and the crow “Karasukun”.

Please see her illustration here.
http://tabisurumishinten.com/?page_id=1651

As a book-designer, she has worked in the book “Together with Crow”(Tabisurumishinten), “Supplementary Lesson of Crow”(Raichosha) and “Textbook of Crow”(Kodansha).

And she has contributed in the book “What should you do when you meet bears?” (Chikuma Publishing) and “Why elephant nose is long?”(Chikuma Publishing) as the cover designer.

If you would like to contact her, Please send a mail to tabisurumishinte※gmail.com(Please change ※ into @).

She stay in shop in afternoon of every Saturday, Sunday and National Holidays of Japan.