「旅するミシン店のフィンランド文化祭」推薦書籍の紹介

ジュンク堂書店池袋本店さんで「旅するミシン店のフィンランド文化祭」好評開催中です。書店さんでの開催のため、フィンランド文化に関係する書籍を当店でセレクトして置いていただいております。以下がセレクトした書籍の紹介文ですので、ご覧いただければ幸いです。

・キルスティ・マキネン著・荒牧和子訳『カレワラ物語』(春風社)
https://honto.jp/netstore/pd-book_02552869.html
民族の起源を描いた叙事詩である『カレワラ』はフィンランドの独立期から現在にいたるまで様々な分野でフィンランド人にインスピレーションを与え続けている。シベリウスの著名な楽曲『フィンランディア』をはじめとして、国民的画家のカッレラ、マリメッコの複数のデザイナーもこの神話をもとに創作をしている。フィンランドで最も有名なジュエリーブランド名はずばり「カレワラ」。自然に対峙した古代の開拓民たちの神話は人物も自然もバイタリティに溢れ物語はダイナミック。トールキンが『指輪物語』を構想する際にも下敷きにしている。この本は韻を踏んだ詩を読みやすく物語としてまとめている。

・石野裕子著『物語フィンランドの歴史』(中公新書)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28678444.html
首都ヘルシンキとロシアの古都サンクトペテルブルグ間は約300キロで、東京・名古屋間ほどの距離感である。覇権大国ロシアの大都市圏に至近という地政学的な運命はフィンランド人に様々な試練をもたらすとともに、同時に鍛えてきた。ロシアと上手くやらないといけないが、距離もおかないと独立が保てない。価値観が近い隣国の旧宗主国であるスウェーデンは中立政策を守るのに必死であまり頼りにならない。2つの大戦ではロシアの伝統的な仇敵であるドイツに頼ったが、結果は悲惨だった。そして、フィンランドは自分たちがロシアに至近というハンデを逆にテコに単独で外交関係を築く道を歩む。逆境を強さにするしたたかさは日本の歴史ではなかなか見ることがない。

・山川亜古著『ニューエクスプレスプラス フィンランド語』(白水社)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29189792.html
フィンランド語を学ぼうと思ったときにおすすめの一冊。ダイアログごとに内容が進んでいき、初心者〜日常会話ができるくらいのレベルまで学べる。会話のやりとりからフィンランド文化を知ることもでき、ちょっとおもしろい言い回し(現地では普通に使われている慣用句かも)なども掲載されていて飽きることがありません。付属のCDで発音やイントネーションを確認できるので実践的。次のフィンランド旅行では、フィンランド人とフィンランド語で話したい!という方は、まずはこの本から始めてはいかがでしょうか。

・吉田欣吾著『フィンランド語のしくみ』(白水社)
https://honto.jp/netstore/pd-book_26098012.html
「文法」と聞くとつい敬遠しがちになるが、それは普段話している言葉はいちいち文法を考えて話していないからだろう。この本が画期的なのは「文法」を考えなくていいと思わせてくれるところだ。ゆっくり順序立てて、フィンランド語にはこういう法則があるんだよ、とわかりやすく教えてくれる。外国語を学ぶときに陥りがちな、日本語に一度変換して考えることが、いかに学習の邪魔をしていたかを痛感する。その言語で考えることが上達の第一歩。フィンランド語のルールを覚えてくると自然と単語も覚えたくなる。フィンランド語を学びたいと思っている人の入門書にぴったりの一冊。

・橋本優子著『フィンランド・デザインの原点 くらしによりそう芸術』(東京美術)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28440146.html
日常的に使うものほど、機能性、デザイン性に優れているべき、これがフィンランドデザイン基本。食器や家具、テキスタイルなど今や日本にも様々なフィンランドデザインが入ってきている。そのデザインに行き着くまでの構想やデザイナーの紹介など、ひととおり知ることができる一冊。また、建築、美術などもまとめられているので、幅広くフィンランドを知りたい人におすすめの一冊。ヘルシンキ中心部の美術館で、実際に鑑賞できる絵画も掲載されているが、暗いタッチが多いのが印象深い。

・トーベ・ヤンソン著・山室静訳『たのしいムーミン一家』(講談社文庫)
https://honto.jp/netstore/pd-book_03387165.html
作者は独立直後のフィンランド内戦時代に生まれ、青春期を二度の対ソ連戦争の時代に過ごした。また、フィンランド内での少数派であるスウェーデン話者(社会的にはエリート階層)としての疎外感、そして芸術一家に生まれた真性のボヘミアンでもある。ムーミンの物語はフィンランド人的な平和や平等に対する強い思い入れを感じる一方、作者しか持ち得ようがない独特な人間や自由に対する距離感が読む者に強烈な印象を与える。作者の自由の哲学の物語とも言えるムーミンシリーズの入り口として最適な一冊。