MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店でブックカバーの取扱い開始

160819a

梅田・大阪駅エリアにあるMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店さんで、当店のブックカバーの取扱いを開始しました。しばらくは1階の新刊コーナー隣にあるコーナーでの展示する予定です(場所は移動する可能性があります)。

当面は、文庫と『カラスと京都』が入る四六判ソフトカバーサイズの取扱いです。最新作の「ボーダーTシャツ猫のクロエ」と「アオアシカツオドリくん」の多色スタンプブックカバーも出荷しました。

梅田店さんは、ファッション感度が高い店が集まる茶屋町にある、西日本最大級の総合書店です。関西広域から人が集まる梅田駅・大阪駅から徒歩15分程度です。

関西地区のお客様のご来店をお待ち申し上げております。


「カラスと京都と旅するミシン店」フェア(於京都岡崎 蔦屋書店)

160805g

8月6日(土)から発売を開始する当店の新刊『カラスと京都』(著・イラスト:松原始、イラスト:植木ななせ)。これを記念して日本有数の文化エリアである岡崎公園内にある「京都岡崎 蔦屋書店」さんにて『「カラスと京都と旅するミシン店」フェア』が8月6日(土)〜9月19日(祝・月)まで開催されます。

160805a

岡崎公園と言えば、平安神宮の雄大な鳥居。静かな緑地公園のまわりには京都国立近代美術館、京都市美術館などのアート施設が立ち並んでいますが、ロームシアター京都も関西の文化を形成する重要な文化施設です。

160805b

ロームシアター京都の改修前の名称京都会館をご存知の方も多いと思いますが、2016年1月に大改修を経て、地元京都の半導体企業の名前を冠したコンサートホールとして生まれ変わっています。

1600805c

京都岡崎 蔦屋書店さんは、代官山T-SITEのイノベーションの流れを継ぐ、滞在型・提案型の新型書店としてロームシアター京都の1階入り口にオープンしています。

160805d

店内は人文・社会・芸術・自然科学の幅広いジャンルで、スタッフが提案する本が目に次々と入ってくるレイアウトです。また、1階にはスターバックス・コーヒー、2階にはレストランが併設され、リラックスした雰囲気も同居しています。外国人の観光客も多く、和の文化の本・雑貨も多く発信しています。

160805e

『「カラスと京都と旅するミシン店」フェア』は1階レジ向かいのスペースにて開催されます。メインは新刊『カラスと京都』の展示ですが、蔦屋書店さんのエプロンを着てアルバイト中のカラスくんのエコバックやブックカバーなど当店のグッズも併せて取り揃えています。約1ヶ月半の長い展示ですので、目玉製品を入れ替えていければと思っています。

160805f

岡崎公園方面には、京都駅・四条河原町・三条河原町のバスジャンクションから多数の市バス便が出ています。ロームシアター京都は「岡崎公園 美術館・平安神宮前」「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」バス停から徒歩ですぐの位置にあります。地下鉄東西線「東山駅」京阪電車「神宮丸太町駅」からも徒歩圏内です。

京都の方、夏の京都にお越しの方は、ぜひ京都岡崎 蔦屋書店さんと岡崎公園エリアにお越しください。


【通販】冊子『カラスといっしょ』(松原始著)

カラスの生態を直感で知りたいあなたに。カラス研究の第一人者の松原始先生が植木ななせのイラストとともにつくった30分以内に読み通せるビジュアルカラスブックです。

ƒJƒ‰ƒX‚Æ‚¢‚Á‚µ‚å•Ž†ISBN“ü‚è

詳細は以下のページをご覧ください。
http://tabisurumishinten.com/?page_id=1886

このページでは当店の通販についてご案内いたします。

・・・・・・

売価:税込648円+送料・手数料

・・・・・・

送料:下記の「注文方法」のリンク先の情報をご覧ください。

送付:ご注文から5営業日以内(当店の休業日は含みません)を目安に、ご注文数に合わせて普通郵便・宅配便およびそれに準じた方法で発送いたします。発送時に発送通知のメール返信を行います。郵便ポストの形状によっては、配達局での受取りになる場合があります。

・・・・・・

注文方法:

【a】
クレジット決済・コンビニ決済・Pay-easy決済・銀行口座決済(前払い方式) → 以下のリンクにあるBASE株式会社のシステムを利用した通販ページにおすすみください。クレジットカードはVISA・MASTER・AMEXに対応。コンビニ・Pay-easy(ページー)決済にも対応。銀行口座決済はBASEの三井住友銀行口座を経由で、手数料ご負担が必要になります。

https://tabisuru.base.ec/

【b】
郵便振替決済を使ったメール注文 → 以下のページのリンクをご覧ください。
http://tabisurumishinten.com/?p=3378