文庫ブックカバーが新型ハヤカワ文庫に対応しました。

当店の文庫ブックカバーは2015年3月制作分からハヤカワ文庫(新型サイズ)が入るようになりました。

20150308_132947455_iOSハヤカワ文庫は2000年までは新潮文庫と同じくタテ150ミリXヨコ105ミリの文庫標準サイズで刊行されていましたが、2000年からはタテに6ミリ伸ばしたタテ156ミリXヨコ105ミリに規格変更した新型サイズが順次投入され、2009年からは新型サイズが標準になっています。

現在文庫には概ね3グループの寸法があります。

オリジナル文庫サイズ(タテ147ミリXヨコ105ミリ):岩波文庫、ちくま文庫、講談社文庫、角川文庫など
標準文庫サイズ(タテ150ミリXヨコ105ミリ):新潮文庫、文春文庫、中公文庫、集英社文庫、旧型ハヤカワ文庫など
特殊サイズ:新型ハヤカワ文庫(タテ156ミリXヨコ105ミリ)など。

20150308_075405158_iOS

左からちくま文庫、岩波文庫、新潮文庫、旧型ハヤカワ文庫、新型ハヤカワ文庫。

当店の文庫カバーはぎりぎりで最大型文庫サイズである新型ハヤカワ文庫が入るようになっていますが、手造り品のため制作の際の誤差により入らないケースも考えられます。当店で新型ハヤカワ文庫に実際にはめて確認いたしますので、新型ハヤカワ文庫をお読みの方はお手数ですがご購入前にお声がけください。

20150308_132929543_iOS


3月11日(水)「REACH 大崎クラフトマーケット」(大崎駅南口)に出展します。

3月11日水曜日、JR大崎駅南口に面する自由通路で開催される「REACH 大崎クラフトマーケット」に出展する予定です。この市には店長ではなく、管理人が出展します。

公式の開場時間は正午〜20時30分となっていますが、出展者には20時からの撤収が案内されていますので、おおよそ20時には展示終了と想定しています。

場所はJR大崎駅の南口に面する、東西の自由通路である「夢さん橋」デッキです。つまり、山手線と湘南新宿ラインなどが通る線路の上の橋が会場となります。

詳しくは主催者のホームページやTwitterをご覧ください。当日の開催判断も下記ページをご確認ください。

http://reach.osakinishi.tokyo/
https://twitter.com/OsakiReach

製品の運搬の問題で、池袋や代々木八幡の手作り市よりは少な目の製品展開になる予定です。当クラフトマーケットには初出展で、管理人単独で出展するのも初で、至らないところはたくさんあると思いますが、当日大崎近辺にいらっしゃる方はぜひ大崎駅南口のマーケットにもお寄りください。