第100回目の益子陶器市に行ってきました。

栃木県益子町は陶芸の芸術村として関東では知られています。1966年からスタートした春秋開催の益子陶器市が、11月2日スタートの秋の回で100回目の節目を迎えました(今回は11月6日までの開催)。旅するミシン店の店長と管理人は度々益子の陶器市は伺っていますが、今回は初めて初日にいくことができました。

(公式ページ)
http://blog.mashiko-kankou.org/staff/?p=12505

益子町のメインストリート「城内坂通り」

陶器市期間中、益子町の城内坂通りから広がる中心街から広域にわたって、陶芸作家のテントが広がります。

「遺跡広場」のテント村

益子陶芸美術館の隣の「遺跡広場」にもテント村が設置され、以前の記事でもご紹介した陶芸作家の吉澤奈保子さんも出店されていました。

木材の空間とも調和する吉澤奈保子さんの作品

吉澤さんの陶器にはかわいさと自然な佇まいが同居した動物や植物の模様が手彫りされています。独特な世界観がある器で、東京にも多数のファンがいる作家さんです。益子町を中心に活動されていますが、東京のイベントに参加されることもあります。

12月9日(土)と10日(日)に、京成線の新三河島駅近くの山桝酒店さんで開催の「ヤママス ガラジ2017 Winter Wonderland BaZaar」にも出展される予定です。

吉澤奈保子さんのブログ
https://ameblo.jp/nao-waganna/

独創的な造形が光る長山六さんの作品

茨城県城里町に窯を持つ陶芸家長山六さんは、おもしろい構造の陶器にチャレンジされている方で、いつも作品を見るのが楽しみです。写真は一輪挿しやベン立てなどいろんな目的に使える形状の器で、当店でもこの一輪挿し作品を開店から置かせていただいております。また、長山さんの重厚な器を地図立てに重宝しております。

長山さんの陶器市での出店場所は、上記の公式ページの(L)の「くみあい広場」エリア、城内坂通りからそのまま伸びる県道230号線沿いの益子焼協同組合ビルの裏側あたりです。「六花窯」の屋号の印があります。

長山さんは茨城を中心に活動されていますが、東京では毎年12月と1月に開催される「世田谷のボロ市」に毎年出店されています。

日常に溶け込んでいく宮川裕美子さんの作品

益子の陶芸家、宮川裕美子さんは使えば使うほどに使い勝手が良くなるようなバランスのいい器を作られる方です。お茶碗は軽すぎず重すぎず、ご飯を盛る量も適量になるような実用的で素敵な器を作る作家さんです。陶器市では上記の公式ページの(L)の「くみあい広場」エリア、県道230号線沿いの益子焼協同組合ビルから道路向かい側のテントに出店されています。

宮川さんの作品は陶器市以外の期間でも、城内坂通りの有力販売店やまにさんでも取り扱っています。

(宮川裕美子さんのInstagram)
https://www.instagram.com/m.yumiko210/

公共交通機関は茨城交通の秋葉原―笠間―益子間の路線高速バス「やきものライナー」がおすすめです。陶器市期間中は当然かなり混みますが、増発もされているはずです。

http://www.ibako.co.jp/highway/kasama/

陶器市期間中に車で益子に行かれる方は、まずいかに早く現地に着くかが重要だと思います。午前9以降に到着予定の方は、有料駐車場や城内エリアから少し離れた駐車場所をあらかじめ見当をつけておいた方がいいかもしれません。

益子の陶器市は本当にたくさんの作家さんが出展され、どの作家さんと巡り合うのは本当に一期一会だと思います。2017年の11月の三連休は天気にも恵まれ、たくさんの出会いがあると思います。


御礼(2015年10月15日、百万遍さんの手づくり市)

151015a

本日初の京都での手づくり市に出展しました。
ありがとうございました!

いつもの谷中から遠く離れた地であるにも拘らず、以前谷中店を訪れてくださった方、1時間も当店を探してくださった方(450店ほどが出ているの上に、割り当てられたブース番号などもないため探すのは大変のです…ほんとにありがとうございました)、そして地元京都とその近辺にお住まいの方、みなさんとの楽しい会話に夜行バスの疲れも吹き飛びました!(昨晩夜行バスで新宿を出発したのでした)
さらには、カラスくんのフォロワーの方にも会えたこともとてもうれしかったです。

151015c

はじめての参加だったのに、気負わずに楽しく過ごせたのは、足を運んでくださったみなさんのおかげです。改めてありがとうございました。
久々の京都訪問がとてもすてきな思い出になりました。
なかなか毎月出展は難しいかもしれませんが、また京都へ行きたいです。

店長 植木ななせ

151015e


10月15日(木)「百万遍さんの手づくり市」(知恩寺、京都市左京区)出展予定/We will run a booth on “Hyakumanbensan hand-crafts market ” at Kyoto on October 15th.

(English article is below of Japanese article.)

151004a

10月15日(木)、京都市左京区にある知恩寺(百万遍)で開催される「百万遍さんの手づくり市」に出展いたします。
店長と管理人の2名でブースをつくる予定です。長年手作り市に参加してきた店長にとっても初めての関西出展になりますので、大変張り切っております。

「百万遍さんの手づくり市」は現在日本各地で行われている社寺のスペースを借りたアート系手作り市の元祖であり、全国的にも知名度があります。

http://www.tedukuri-ichi.com/hyakumanben/index.html

会場の知恩寺は百万遍の名で全国的に知られている観光スポットです。京都大学に隣接しており、周辺にも多数の文化スポットがあります。

交通アクセスは、京阪本線の終点「出町柳」駅から徒歩15分程度です。市バスも多数の系統が停車しています。

会場は午前8時から午後4時まで開いています。雨天決行です。

当店もできるだけ開場前にブースを設営したいと思いますが、初参加でもあるため、当日の状況はTwitterにてリアルタイムでご報告申し上げます。

当日、京都にいらっしゃる方はぜひ百万遍の手づくり市をのぞいてみてください。

・・・
We will run a booth on “Hyakumanbensan Hand-craft market” at Chionji Temple, Sakyo-ku of Kyoto City on October 15th. Chionji Temple is also known as the name of Hyakumanben(“1 million times” in Japanese). It is a famous buddhism temple in Kyoto.

This hand-craft market is also famous in Japan.

Closest railway station of Chionji Temple is “Demachi-Yanagi” of Keihan Line. It is about 15 minutes walk from this station.

This hand-craft market will open  8 am to 4pm. We would like to make our booth about 8 am.

If you stay in Kyoto on October 15th, please visit Hyakumanben hand-craft market on Chionji Temple.